2007年06月06日

6月6日(水)

6月6日(水)三役会議
 夜は三役会議、代表者会議のまとめと、その中で出てきた意見等を検討。2009年の例会企画決定までのスケジュールや秋の代表者会議の日程等を検討。9時30終了。
posted by 管理人 at 23:10| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月5日(火)代表者会議最終日 6月5日(火)代表者会議最終日

 今日のお昼は代表者会議最終日。司会を担当した。
 この1年間の例会の感想を参加者全員に語っていただくと、当然のことなのだけど、様々な感想が出てきて、私にとって新たな発見があったり、予想通りの感想があったりと、時間の制限がなければもっと話が聞きたかった。
 「小説を原作にした作品については、演劇だからできる表現を大切にした作品にしてほしい。」「違ったタイプの芝居が観られてよかった」「年に2回は、考えさせれるような“硬派”な芝居が観たい」などの意見が印象に残る。
 会議の冒頭で、名古屋市民会館を中京大学が命名権を取得したというニュースが話題になった。
posted by 管理人 at 00:25| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

6月2日(土)代表者会議・5月例会運営打ち上げ

6月2日(土)代表者会議・5月例会運営打ち上げ
 1時から代表者会議。いつもの土曜と違う1時間早いスタートだったからか。1時30分頃、2時頃に会議に出てこられた方がいた。
 今日の会議は土曜日ということで、平日の夜にはちょっと出にくい働いている代表者が多く参加した。その中で年代による作品評価の違いなどが出てきた会議だったようだ。
070602-1.jpg

代表者会議
 
 会議の後は事務所の方で、「マチネ委員会(仮称)」準備会の会議。3回目の今回の会議で、具体的な方向が定まってきたようだ。
 会議室では5月例会『ルームサービス』のまとめ・打ち上げ会。
 10人が参加。前半の作品感想や、例会運営サークルのまとめの話の後、感想文集づくりに入る。
070602-2.jpg
070602-3.jpg

 午後6時ちょっと前に終了。参加者のうち数人はそのまま打ち上げへ、私も7時の仕事終了とともに合流。
posted by 管理人 at 21:20| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月1日(木)代表者会議初日

6月1日(木)代表者会議初日
 日中が暑くなってきた、今日から衣替え。
 昼夜と代表者会議、今回の議題は昨年6月から今年の5月までの例会はどうだったのか。2009年の例会候補作品を参考にして、どんな作品を観ていきたいのか。が中心の議題。
 改めて1年間の例会を振り返るということは参加者それぞれの意見や、芝居の見方などが聞けて良かったという声を聞いた。毎回例会作品については、4段階評価でアンケートをとっているが、その数字だけで、評価をしていくことに加えて見えないところを、様々な話し合いの場でふくらませていくことの大切さを感じる。
 何が良かったのか、何が良くなかったのか、生の言葉で語られることと、それについて他の人の意見が付け加えられ、またはそれによって修正されたりすることが面白い。こういう書き方をすると、何か堅い会議のように思われるが、実際に芝居が終わった後一緒に見に行った人と、飲み屋や喫茶店などで、観た芝居について話すことと同じ、あるいはその延長線にあるものか、と感じる。
 会議は、2009年にどういう作品を観たいのか、名演のいまの状況などについて話し合われた。
 
 で、こういった話をしたあとは、引きつづき語りたいもの。参加者に引きずられるようにして、飲み屋に向かう私でありました。
posted by 管理人 at 21:13| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

5月30日(水)

5月30日(水)
 夜は運営委員会。6月に行う代表者会議の準備、劇団からの例会候補作品についての学習会。5月例会『ルームサービス』の各々の感想とまとめに向けての討議などが今回の議題。
 『ルームサービス』について、翻訳喜劇のもつ難しさや、翻訳による台詞のテンポのこと、などが話題になると共に、日本の喜劇とは違った面白さを堪能した、など様々な意見が飛び交った。
 
posted by 管理人 at 00:52| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

5月28日(月)

 松岡農林水産大臣、ZARDの坂井泉水さんが亡くなるニュースが午後に入ってくる。
 昼から、運営委員会の「学習会」担当者の会議。
 名演の事務所などを使った、「演劇講座」のようなものや、劇作家・演出家などをお招きした講演会などがやっていけないか、ということで担当者を決め本日はその集まり。
 「演劇を観る会」でありつつ、会員の交流の場として事務所を様々なことに使えないか。演劇をはじめ現代社会全般を学ぶ場がつくれないか、等々の意見が飛び交う。まずは今日まとめたことを具体化するにはどうするか、実現の可能性を探っていけたらと思う。
posted by 管理人 at 23:11| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

5月25日(金)7月例会運営シール作り

5月25日(金)7月例会運営シール作り
 お昼から、7月例会運営サークルの集まり。今回は座席シール作り。例会の翌々日ということもあってか、12人の参加でちょっと寂しいが、作品についての話しあいのあと、作業は順調に進行した。
070525.jpg

 昨日規則正しい生活をと思ったのにもかかわらず、随分薬が効いたのか楽になったこともあり、夜は、7月に名古屋で行う燐光群の名古屋制作の方々と、お話しをしながらビールを飲む。
posted by 管理人 at 23:07| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

5月23日(水)『ルームサービス』2日目

5月23日(水)『ルームサービス』2日目
 今日は、お昼と夜の2ステージ。昨日交流会に出ていただいた俳優さん達も、私が会場入りした時には、発声練習をしている。本当にお疲れさまです。
 夜の公演のあとは、舞台装置解体、撤収作業。約1時間30分で完全に終了。スタッフも皆さんを見送ったあと、昨日に続き制作の白川さんと、5月運営担当メンバーと、「名古屋公演打ち上げ」ということで、近くの店で乾杯。白川さんエコーのみなさん、2日間ありがとうございました。
070523..jpg
会場での開演前の打ち合わせ
posted by 管理人 at 02:30| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

5月22日(火)『ルームサービス』初日

 今日から5月例会『ルームサービス』。午前11時に搬入開始。いつもよりも多くの例会運営サークルの方が搬入に参加、たくさんの方が参加すると時間もおのずと短くなるのです。
搬入作業


今回のカーテンコールは、花束ではなくお菓子の詰め合わせ。生協に勤めてみえるサークルにお願いして3ステージ、中身がまったく違うものを詰め合わせていただいた。それに大きなお札をかたどったお菓子をつけて俳優さんに渡す。「お金」にまつわる話なので、お札をつけたが、カーテンコールで俳優さんたちが、その「お札もどき」を見えるように広げていただき感謝。
 終演後は、近くの店で交流会。例会運営サークルのメンバーを中心に35人が参加。主役の安原義人さんをはじめ、永井寛孝さん、溝口敦さん、浜野基彦さん、古屋道秋さん、制作の白川浩司さん、の6人の方が参加された。出ていただいた俳優さんは、名古屋との関連が深い方がいらっしゃった。支配人役の永井寛孝さんは、学生時代名演例会のテアトル・エコー『十一匹のねこ」をみて、俳優になろうと思ったとのこと。作家役の浜野基彦さんは、一昨年の「愛・地球博」の「ガスパビリオン・炎のマジックシアター」に出演されていた。
 終了後は残った白川さんと、例会運営サークルの方々と2次会。
交流会
posted by 管理人 at 07:38| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

5月21日(月)明日から例会

5月21日(月)明日から例会
 明日から5月例会『ルームサービス』。明日からの準備や折り込み作業等。
 嬉しいお知らせは、今日新入会の方が7人もあった。5月からの入会ではないことは残念だが、7月からの入会。7月の運営担当サークルの方が、第1回の運営会議を受けて誘ってこられた方と、北海道の鑑賞会の知人の方から紹介があって入会の方だった。
posted by 管理人 at 22:43| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

5月19日(土)水野鉄男さんを偲ぶ会

5月19日(土)水野鉄男さんを偲ぶ会
 午後から、三井アーバンホテル名古屋で、名演初代代表「水野鉄男さんを偲ぶ会」が行われる。
 今から53年前に、なにもないところから、演劇をみていく観客団体をつくる中心にいた水野さん。創立時の幹事の方5人の参加をはじめ、現在の会員・役員また、名古屋の演劇関係者の方などが集まった。
 名演をつくるときの苦労されたこと、最初の頃の情熱をずっと保ちながら、新たな発展のためにやってこらっれたこと、名古屋の演劇の中で果たされた大きな役割。などのお話しを参加された方かた聞くことができた。
 今、名演が名古屋の中でどういう場であり続ける必要があるのか、改めて考える機会になった。創立時の頃にくらべ、まだまだやるべきことがあるのに、やれていないことが多いのでは、そして「本気」で課題に取り組んでいるのか、大きな課題をつきつけられたように思う。
 
 会の終了後は2次会、久しぶりにあった役員の方々などをまじえた話は尽きることなかった。
070519.jpg
posted by 管理人 at 21:33| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

5月18日(金)稲沢へ

5月18日(金)稲沢へ
 午前・午後と来週の例会で配布する「名演ニュース」の作成。午後から折り込み開始。
 夜はいなざわ演劇鑑賞会主催の7月例会『銃口』の学習会に参加する。講師は青年劇場代表の福島明夫さん。
 青年劇場という劇団のこと、『銃口』の上演に至るまで、2005年の韓国公演のこと、などをお話しいただいた。特に韓国公演で多くの韓国の観客らと出会い、知らなかったことがいっぱいあり、新たな発見があったことなどを話されたことが印象深かった。
 学習会のあとの交流会に参加させていただく、事務所での手作りの豪華な料理に感激。
posted by 管理人 at 11:20| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

5月17日(木)

5月17日(木)
 カプセルホテルで宿泊のあと、朝一番の新幹線で帰名。通常通りの仕事。例会が近づく中、当日の準備等が始まる。例会場で配布するニュース。時が小さくて読みにくいという声があがってきていて、もっと読みやすくを考えるのだが、情報量が多すぎるのが問題なのかなぁ。今回少し字を大きくする予定。
 市民会館近くにお勤めの男性が入会。運営の準備のことに興味をもっていただいた。
 
posted by 管理人 at 23:50| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月16日(水)

東京へ観劇に行く。
 お昼には、俳優座の『リビエールの夏の祭り』を観劇。映画の『かくも長き不在』を翻案した作品。シベリアで抑留され、記憶を失った(と思われる)中野誠也さんと、その妻(だろう)の川口敦子さんの2人の会話のシーンは、2人の演技力も相まって感動的、川口さんの微妙な心の動きの演技はさすがだ。
 次の芝居まで時間があったので、六本木に最近できた、「東京ミッドタウン」を通り(写真を撮ってたら、私だけでなくそんな人ばっかり)、国立新美術館へ行き、「モネ展」を観覧する。夕方だったので人もそんなに多くなく、ゆったりと絵を見ることができた。この館の理念とはいえ、常設展がないのは少し寂しい限り。
 夜は新宿へ行き、紀伊國屋サザンシアターへ、文学座『ぬけがら』を観劇。名古屋の劇団B級遊撃隊佃典彦さんの作品で、演出は名古屋育ちの松本祐子さん。2年前のアトリエ公演の上演の時に「岸田國士戯曲賞」を受賞した作品。アトリエ公演についで今回が二度目の観劇。
 前回見た時、アトリエ空間を飛び出して大きな空間での上演ができそうだ、と感じたが、予想通り今回の舞台をみて、一回り大きな空間の作品になっていた。カーテンコールをみて「父親」役の俳優さんの背丈がほぼ同じ(設定的には当然だが)であることを見て、改めて文学座の俳優の層の厚さを感じた。
 一瞬の事故で仕事を失い、離婚を迫られ、母親が死に、認知症の父親と同居を余儀なくされる主人公。その父親が脱皮を繰り返し、若返っていく。その父と息子のやりとりが面白い。作家とほぼ同世代である私にとっては、描かれた時代背景も共通し自分と父のことがオーバーラップしてくる。
 名古屋から見に来た私としては、名古屋市の指定ゴミ袋がさりげなく出てくるところがいい。
 観劇終了のあとは、同じ会場にいた他の鑑賞会の方々と居酒屋へ。芝居の話で盛り上がる。
posted by 管理人 at 23:35| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

5月15日(火)

5月15日(火)
 夜は三役会議。6月に行われる代表者会議の準備が中心。2009年度の例会についての話し合いと。昨年6月から今年5月までの例会はどうだったか、その評価について話し合う。もう一つは「マチネ委員会(仮称)」の話し合いの内容と、今後の展開について。
 その後、今週土曜日に行う、初代代表「水野鉄男さんを偲ぶ会」の進行打ち合わせ、10時会議終了。
posted by 管理人 at 08:34| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月12日(土)・13日(日)運営委員会

5月12日(土)・13日(日)運営委員会  
 土日と運営委員会。今回のテーマの一つは今年の総会で方針に掲げられた、NPO法人についての検討ということで、NPO法人湘南演劇鑑賞協議会事務局長の黒川栄さんをお招きして、NPOについて、鑑賞会とNPO法人についての学習会。
 まずNPOの概念からはじまり、その特性などについての説明のあと、NPOが目指すものは何か、演劇鑑賞会が地域社会の中での社会的意味、などを再度問うていくことの意味、などわかりやすく話された。公益法人制度の改革論議のことなどにも話が拡がり、いまあらためて名演の役割や意味を問い直すいい機会なった。
 
 その後は、運営委員会の議事に入る。5月例会の現況を中心にした話し合い。夕食後も会議が続き、午後9時には終了。その後交流会ということで、12時近くまで食事プラス飲み会になる。泊まりがけということもありいつもは参加できない面々も遅くまで話がはずむ。
 
 翌朝は9時から会議再開。4月末に行われたブロックの活動交流集会の報告と、そこから学ぶことについての話を中心に行う。12時には会議終了。
posted by 管理人 at 08:33| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月11日(金)

5月11日(金)
 午後から名古屋市民会館へ、5月例会『ルームサービス』の舞台打ち合わせ。午後になって気温が少し上がってきたものの、風がやや強い感じがする。市民会館の楽屋に冷蔵庫が設置されたとのこと、これから暑くなるので、使うことが多くなるだろう。
 同じく午後からは「マチネ委員会(仮称)」の第2回準備会、話が少しずつ具体的なものになっているようだ。
posted by 管理人 at 08:32| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

5月10日(木)雨模様・5月例会運営サークル4回準備会

5月10日(木)雨模様・5月例会運営サークル4回準備会
 昨日とうってかわって、朝から曇り気味で気温も低い、午後からは雨が降ってくる。
 今年定年退職を迎えた方と、少しだけお話する。退職して名古屋郊外に住んでいると、名古屋市内まで出てくる交通費が結構多いということ、そして何よりも収入が大きく減ることで、どこかを切りつめていく、切りやすいのがこういった観劇になる。ただ習慣になっていたものがなくなることは寂しいから、数ヶ月後に観たくなることもあるのでは、ということを話した。
 夜は昨日に引き続き、5月例会『ルームサービス』の運営第4回会議、8人の参加。今回の例会のためにいろいろ動いた方からの報告、「名演の役員さんは肩肘張っているところがある。気楽に勧めてみることをやってみよう」という話から積極的に動かれた方だが、残念だが今のところ、すぐに芝居をみるというところまではいかなかったが、これからにつながっていくような感じがする。
 その後、居酒屋へ、昼間話した退職後の生活のことなどを中心にお話しをする。「退職したから逆に何かできることを探している」それを、観劇に結びつけることはどうすればいいのか、など話は止まらなかった。
posted by 管理人 at 08:56| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

5月9日(水)真夏日・5月例会運営サークル4回準備会

5月9日(水)真夏日・5月例会運営サークル4回準備会
 最高気温31℃の初の真夏日、5月でこの調子だと明日からどうなるのか、でもしばらくは暑くならないようで安心だが。
 お昼の1時30分から、5月例会『ルームサービス』の運営第4回会議、22人が参加。こまずは前回の会議でもう少し、チラシを配ったり、周りの人を誘ってみようということはどこまで成果が出てきているか話し合う。お一人が新入会の方を誘ってこられたが、ほかの方も成果にはすぐには結びつかない物の、働きかけをしてきたようだった。
 その後、当日の運営準備。朝の舞台装置搬入にはじまり、当日の例会場の受付、終演後の後かたづけの後、初日は劇団との交流会があり、それの手配と準備。2日目の公演を終えた後の、舞台装置解体・撤収(バラシ)までの、担当者等を決めていく。
 まだ例会まで2週間近くある、今回もチラシを持ち帰っていった方が多かった。
posted by 管理人 at 01:32| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

暑いぐらいです・7月例会運営サークル第1回会議

5月8日(火) 暑いぐらいです・7月例会運営サークル第1回会議
 最高気温が29℃だった今日の名古屋。それでも朝晩の温度差はあり、まだ上に羽織ることは必要のようだ。
 4月になってからの退会の方の理由の中では、転勤になって職場が例会場から遠ざかることになり、芝居が観られなくなるということを今日はよく聞いた。まだ名古屋は公共交通機関で便利なところに会場はあるものの6時30分の開演に間に合うような仕事ができる人が確実に少なくなっているのは確か。仕事の後にゆったり観劇ということが許されないのが普通というのは、どういうことか。
 昨日のNHKのニュースで公共の図書館で22時まで開館することが、すごく素晴らしいように報道されていた、私もそのくらいまで空いていたらもっと利用できるだろうと思う反面、それでいいのかと思う気持ちが半分ある。
 
 そんな中、新たな新入会員の予感を感じさせる動きが、今日は3つあった。一つは、子育て真っ最中の方が、芝居をほとんど観たことがなく、新しいものに出会いたいということ。もう一つは、先回の例会に久しぶりに再入会した方が、早速友人達に一緒に観ない、と声をかけたところ、入りそうとのこと。3つ目は芝居を観るだけでなく、人との出会いがしたくて入りたいということ。
 一緒に芝居を楽しめる仲間が一人でも多くなればと思う。
 
 夜は、昨日に引き続き7月例会『銃口』の第1回運営サークル会。今後のサークル会の内容や、いかにこの芝居の面白さ、魅力を伝え、多くの人で観ていこうという話が行われる。20時30分頃終了。その後7月例会運営のメンバーと、よくいく居酒屋へ。そこでなくしたと思っていた小銭入れがあって、うれしい限り。(前行ったときに置き忘れたようで)
posted by 管理人 at 01:33| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする