2006年09月25日

9月25日(月) 広渡常敏さん死去

 東京演劇アンサンブルの代表の広渡常敏さんが、9月24日に敗血症で死去されました。(79歳)
 ベルリンでこの8月に行われた『ガリレイの生涯』の演出をされたばかりでした。
 ご冥福をお祈りします。
 
 東京演劇アンサンブルウェブサイト広渡さん訃報

 名演と東京演劇アンサンブル・広渡さんの縁は深く。創立の翌年には『森の野獣』(当時の劇団名は三期会)を上演。そして自主例会を復活した1962年には、特別例会として『長い夜の記録』(集団創作・広渡常敏演出)を 1969年には名演創立15周年記念公演として『秩父困民党』を上演しました。
 長く会員を続けている方からは、今でも『グスコー・ブドリの伝記』のこと、劇団員の皆さんとの交流の話が折々に出てきます。『秩父困民党』の時は、東京の稽古場を1回だけでなく、2度、3度と貸切バスで訪問したとのこと。
 名演においての広渡さんの演出の最後の例会は1996年4月『幻灯辻馬車』でした。
 
 私個人としてはこの作品が、東京演劇アンサンブルとの最初のおつきあいだったのですが、劇団員の方にまるで旧知の友人のように、接して頂いたことが記憶に残っています。お酒を飲みながらのお話がとても刺激的で、初対面にも関わらず、芝居から政治、経済、文化に至るまで劇団員の方々にお話いただきました。
posted by 管理人 at 00:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック